Marriage way

出会いがないならお見合いに出向こう|幸せになる法則

相談所に登録しよう

登録の流れ

男性と女性

これまで結婚相談所というと、「費用が高い」「特殊な人が通うところ」というイメージがありましたが、最近は結婚相談所に通う人も増え、成婚に至るカップルも増えています。
出会いサイトと異なり、結婚相談所は結婚を目的とする異性しか登録していないので、効率よく結婚相手を見つけられます。
入会時は本人確認などの審査が行われるので、変な異性に出会う心配もなく安心して利用できます。
名古屋の結婚相談所に登録するときは、事前に様々な会社の資料を請求しましょう。
名古屋には様々なタイプの結婚相談所が存在するので、自分のライフスタイルや予算に合う会社を選ぶ必要があります。
ホームページの情報だけでは詳細がわからないので、資料請求をして名古屋にある各結婚相談所のサービス内容を比較してみましょう。
結婚相談所に登録するときは、入会金を払う必要があります。
最近は入会金や年会費が発生しないお試しコースを用意している会社もあるので、そのような安いコースを利用して名古屋の結婚相談所がどんなものか確かめてみましょう。
入会時は本人確認の書類が必要になるので、事前に用意しておきましょう。
運転免許証の他に、卒業証明書や収入証明書が必要になる場合があります。
入会時に焦ることがないように、必要書類は早めに用意しておきましょう。
入会後は担当者が異性との出会いの場を設けたり、様々なサポートをしてくれるので、普段仕事で忙しい方も安心して利用できます。

まずは直属の上司から

スーツ姿の人達

社内恋愛が発展して結婚することになるパターンは少なくありません。
同じ会社だと長い時間をともに過ごすことになるため、気になる相手ができて社内恋愛に発展することも多いものです。
一昔前までは社内恋愛禁止という会社も多く、結婚するとなったらどちらかは退職せざるを得ないことも少なくありませんでした。
近年はおおっぴらに社内恋愛を禁止している会社は少なくなりましたが、推奨している会社は少数派です。
結婚しても問題ないですが、会社の雰囲気や本人の仕事ぶりに影響がない範囲でというのが会社の本音です。
結婚に至るときは、報告のタイミングと順番がポイントとなります。
まずタイミングですが、ある程度挙式の日程や新婚旅行のタイミングなどが決定してから報告する方がよいでしょう。
報告の際に、挙式や披露宴に招待するかも伝える事が多いからです。
また、繁忙期は避け、仕事に影響のない範囲にするという配慮も必要です。
時間帯としては、仕事が始まる前の朝の時間帯や、定時で帰る前の時間帯などをねらい、忙しくないタイミングが良いでしょう。
順番としては、直属の上司からというのが原則です。
それ以上上の人たちには直属の上司から報告してもらえばよいので問題ありません。
つい同僚や親しい人に先に報告しがちになりますが、まずは上司からということを肝に銘じておきましょう。
つい漏らしてしまった場合は、口止めしておくことを忘れずにします。
噂が先に耳にはいると気分を害す人もいます。

各相談所のサービスと費用

カップル

結婚相談所を選ぶ時に重視するポイントの1つとして挙げられるのが費用です。
神奈川の結婚相談所に入会して活動するには入会金が初期費用として必要です。
この他に月会費、お見合い料、成婚料などが別途かかります。
費用金額については各結婚相談所で異なりますので、入会時に契約内容を確認することが重要です。
神奈川には全国に支店を持つ大手から小規模なところまで多数の結婚相談所があり、会員数も多いので出会いの数も多いといえます。
神奈川にある大手の結婚相談所では入会金の相場は20万円台から40万円台で月会費は15000前後に設定しているところが殆どです。
入会金は結婚相談所の登録時に必ず支払う費用ですから準備しておきましょう。
月会費は活動休止時に納める必要がない所や1000円程度に減額するところもあります。
成婚料は、会員の交際や婚約が成立したときに相談所に納めるお金で数万円から20万円前後が相場です。
ただし、成婚料不要としている相談所もありますので入会時に確認しておきましょう。
お見合い料は、相談所のスタッフがお見合いをセッティングしたときに支払う料金です。
神奈川の結婚相談所が開催するパーティーやデータ検索型結婚相談所ではお見合い料は発生しません。
データ検索型はインターネットを使って登録会員を探すシステムの結婚相談所です。
自分の希望条件を入力すると条件にあった相手が表示されますので、自分からアプローチすることができます。
データ検索型はお見合い形式よりも費用が低く設定されており、費用面を重視する方や自分からアプローチできる方から選ばれています。